鹿児島県/システム開発・システムサポート・ホームページ制作なら株式会社シーエスエスにお任せ下さい。

株式会社シーエスエス

コンピュータ・システム・サポート

ホーム > ご案内

ご案内

2018年7月から
Google Chrome全HTTPページに「保護されていません」警告を表示

2018 年10 月にリリースされるChrome から常時SSL 化( 常時SSL 化については下記にてご説明致します。) に対応していないWEB ページは入力フォームに赤い文字で「保護されていません」という警告が表示される事になります。

この警告にユーザーが気づいた場合、不安に思う事があるかもしれません。

またGoogle はSSL 化したページを検索順位で優遇すると発表しており、常時SSL 化に未対応の場合、ユーザーの不安をあおるだけでなく、Google の検索にも影響します。

Google は段階的にセキュリティの弱いページに対する警告を強化しています。
既に現在のバージョンのChorme でも常時SSL 化未対応のページは入力欄にグレーで「保護されていません」という警告が表示されています。

今後も常時SSL に対応していないページの警告表示は強化されると考えられます。


そもそも常時SSL とは?

SSL とはインターネット上でやり取りしている通信を暗号化する技術の事です。
WEB ページがSSL 化されると悪意ある第三者のデータハッキング等に強くなり、結果として、ページを閲覧するユーザーの情報を保護することになり、ホームページの安全性と信頼を高める事が出来ます。
そして、WEB サイトの全てのページをSSL 化する事を常時SSL 化と言います。

どうすれば常時SSL 化が出来るのか?

ECサイトをSSL 化する為には、「SSL 証明書の購入」と「WEB ページのSSL 化作業」が必要になります。
もし、お客様でこれらの作業が難しい場合は、CSS までご依頼下さい。