鹿児島県/システム開発・システムサポート・ホームページ制作なら株式会社シーエスエスにお任せ下さい。

株式会社シーエスエス

コンピュータ・システム・サポート

ホーム > ご案内

2019年12月リリース予定のChrome79から
段階的に混合コンテンツをブロックしていくと発表

Google社は2019年10月3日に2019年12月リリース予定のChrome79から段階的に混合コンテンツをブロックしていくと発表しました。
混合コンテンツとは、通信が暗号化されているhttpsのページ内に、通信が暗号化されていないhttpのサブリソース(画像、音声、動画など)が読み込まれている状態の事を指します。


●Google社 セキュリティブログ参照
https://security.googleblog.com/2019/10/no-more-mixed-messages-about-https_3.html
上記のブログでは、「安全な通信を行うhttpsでも、通信が暗号化されていないhttp経由でサブリソースが読み込まれている混合コンテンツ状態の場合、攻撃者は画像の改ざんやロード中に追跡Cookieの挿入が可能になり、ユーザーのプライバシーとセキュリティが脅かされます。」と指摘されています。
この理由から、Google Chromeで混合コンテンツを警告・ブロックする機能を段階的に実装していく予定とのことです。

現在のChromeだと混合コンテンツは表示されており問題ないですが、2020年2月リリース予定のChrome81では混合コンテンツの箇所がブロックされ、画像等が表示されなくなります。

web担当者のみなさまは事前に混合コンテンツとなっていないか確認し、解消しておくことをおすすめします。

もし、お客様でこれらの作業が難しい場合は、CSS までご依頼下さい。

ご案内