受託システム

システム開発の流れ

01.お問い合せ・ご相談

はじめに、お客様のご要件やご希望をお伺いします。
“こんなシステムがほしいが実現可能か?”、“現状の課題をシステム化で解決できないか?”といったさまざまなご相談に対し、弊社のシステムエンジニアがお応えいたします。

02.ヒアリング・調査・分析

お問い合せ・ご相談で伺ったご要望に基づき、システム構築に必要な情報を収集し、整理を行います。
お客様の現状の業務の流れを、作業に携わる関係者様やご担当者様にヒアリングをさせていただきます。
システム運用も含めた全体のイメージを調査結果から分析し、まとめていきます。

03.ご提案書・構築費用のご提

ヒアリング・調査・分析の結果をもとに、ご提案書・システム構築にかかる概算費用・スケジュールなどをご提示いたします。
必要であれば、ご理解いただくための簡単な紙芝居形式の資料を作成し、システムについての大まかな動きや画面イメージをご覧いただくことも可能です。

04.正式お見積もりのご提示

システム構築範囲、スケジュール等をご確認・ご検討いただいた後、ご了承いただけるようであれば、正式なお見積もり書を提出いたします。

05.発注及び受注

システム開発金額、スケジュール、システム構築範囲の念密な打ち合わせを行う中で、お支払い方法等のさまざまな詳細を決定し、正式な発注をいただきます。

06.要件定義

要件定義では、より詳しくお客様の業務をヒアリングさせていただき、“業務改善できる”システム開発をご提案いたします。
システムに求められる要件について具体的にまとめ、『要件定義書』を作成いたします。
この工程で、新しく開発するシステムを明確にし、しっかりと認識を合わせておくことが重要となります。

07.基本設計

要件定義をもとに、システムの基本設計(外部設計)を行います。
基本設計では、システム機能の一覧および画面設計、帳票設計等を行います。
この段階では、紙芝居形式の資料等をもとに、システムの具体的なイメージ(ユーザーインターフェース)を設計いたします。お客様にとって、使い勝手の良い画面設計を心掛けています。

08.詳細設計

前フェーズで作成した基本設計書をもとに、システムの詳細設計(内部設計)を行います。
内部設計とは開発者視点の工程で、コンピュータでの実装を想定し、詳細なコードやプログラミングの設計を行います。

09.開発

詳細設計で作成した各設計書をもとに、いよいよプログラムでシステムを構築する工程に入ります。
経過のご報告やお客様とのレビュー等を行い、プログラミング言語を用いて開発を進めていきます。
開発中に、ご要望や仕様の追加が発生した場合は、できる限りお客様のご要望に沿えるよう、ご相談させていただきます。今後の機能追加を想定した、汎用性の高い開発を心がけています。

10.テスト

プログラミング工程が完了すると、構築したプログラムが実際に作動するかのテストを行います。
テストにも単体テスト、結合テスト、システム(総合)テスト、運用テストなどの項目があり、要件定義で求められている基準を満たしているか、プログラム同士が正常に連携しているか、処理速度やアクセスへの耐久性などをさまざまな観点からお客様の立場に立ったテストを実施します。

11.システム導入

すべてのテストをクリアしたら、お客様の環境にシステム導入を行います。旧システムがあった場合は、データの移行を行い、実際に使用できるように切り替え作業を実施します。
システム移行(リリース)には、一気に切り替える一斉移行、徐々に切り替えていく順次移行があります。また、システム運用に必要なさまざまな情報(企業、従業員、商品…)登録などの準備を行います。

12.お客様のご確認

導入したシステムについて、お客様に最終確認をおこなっていただきます。何かご不明な点、その他ご質問がありましたら、ご遠慮なくお尋ねください。

13.ご納品

開発したシステムおよび、設計書やマニュアルなどのシステム運用に必要な資料をお納めし、納品完了とさせていただきます。
必要に応じて、操作研修やシステムに関連する内容を丁寧に解説しています。

14.運用

日々の運用について業務効率化を目指し、お客様を全力でご支援しています。
バックアップサービスやシステムの稼働確認などの定期的な運用サポート、トラブル発生時の技術サポートなどを実施し、問題なく運用できるよう万全なサポート体制を設けています。

15.保守

ビジネスの要件が日々変化、進化することに合わせてシステムも対応していく必要があります。
より良い状態でシステムをご利用いただけるように随時アップデートを行い、システムを持続的に活用し続けるためにも常に監視する必要があります。
また、使用中の過程で何かしらの不具合が生じる場合があります。効果的に活用し、不具合が生じた際は即座に修正対応するためにも、保守の必要性があります。
そのほか、システム導入後の変更、機能追加についても都度ご対応させていただきます。